クヒオ大佐

未見の作品としてレンタル。
実在の結婚詐欺師についての物語。まぁ、予告とかでのあまりにもバカバカしいウソのプロフィールやパッケージの雰囲気に、戦後〜'60年代くらいの話かと思ったら、湾岸戦争時期の話で。
冒頭でニュース映像も交えての湾岸戦争時の話題で日米の力の関係を何故描くのか・・・と思ったら、終盤でその内容が出てくるわけで。まぁ、これも不思議な形だけど。
物語としては、やや間延びした感じで劇場で観てたほうが楽しめたかもしれない。
それでも、主演の堺雅人の不思議かつ目の動きが素晴らしい演技は、やはり見物。そして、騙される役の松雪泰子満島ひかりの確かな演技力には感心するばかり。
期待していた痛快さ・・・というのは無かったけど、嘘で固められた人生や、人の気持ち、そして話の影に見える日米関係とか、ちょっと考える事はある映画であった。
クヒオ大佐 [DVD]